定期的なメンテナンスをして、外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぎ、建物の寿命が延びるという根本的なことにもつながります。

外壁自体のヒビ割れ壁自体の剥がれ、触ると手に白い粉が付く(チョーキング)という現象が起きていたり…そんなダメージのある状態で長く放置してしまうと、外壁に水分が染み込むことでその浸透してきた水分がそのまま雨漏りになったり、壁だけでなく、建物全体のあらゆる部分に水が周り、腐食が始まります。

実はその方が、安くついたという状況もよくあります。

家の外壁塗り替えは、事前に出来るだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、相場を確認しておくなど計画的に行うことが大切です。

失敗に陥りやすい最大の要因は、複数社の塗装屋さんから見積りを取らずに、外壁工事をしてしまうことです。

費用相場を知らずに業者の言い値でやってしまうと、損をしていることすら知らない人も多いです。

、メンテナンスの時期を間違えたことで生じる、外壁及び壁自体の劣化です。

内部の壁まで腐食してしまう現象が起きます。

そんな状態にまでなってしまうと、外壁塗装をする以前に、外壁工事自体には、デメリットは存在しません。

あえて挙げるとすれば、外壁塗装自体は「永久的」なものではなく、塗料の種類によって年数に違いはあるものの、定期的な塗替えが、必要になることがデメリットと呼べるかもしれません。

しかし外壁を守るためには、塗装の他に有効な方法はないため、建築物を維持するために、必要なことなのです。

年中、直射日光を浴びることによる外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、夏は冷房の効果をより高め、断熱効果の高いものと一緒に使うので冬場の室温も安定させます。

世に出てきてまだ歴史の浅い光触媒塗料や、とても細かい繊維のセラミック系塗料などは、外壁に付いた汚れが雨が降ったときなどに、勝手にと流れ落とすセルフクリーニング効果を持つものがあります。

アクリル系~ウレタン系~シリコン系~フッ素系の順番ですね。

この中ではフッ素系塗料が耐久性に優れ、風雨や直射日光に晒されて最も傷みやすい、屋根材の塗料として使用されることが多くなりました。

現状外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、お値段と耐久性のバランスが良いコスパが優れたシリコン系塗料となっています。

外壁に使用されている素材によって、湿度が高くなると弱るものも存在します。

そうなってしまうと補修にかかる費用も高くなるので、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合はすぐに専門の塗装業者に見てもらい、見積りももらっておくと良いでしょう。

外壁塗装と一言でいっても、塗料によって塗膜の寿命に差があり、耐久年数も大きく違います。

そのためおよそ10年に一度程度は施工業者に状態を確認してもらうということも大切です。

この定期的な点検をすることで、大事な資産である家の寿命を延ばすことが出来るようになります。

外壁塗装では、大小に関わらずひび割れや前の塗装剥がれ等を程度に合わせて、塗装を行う前に下地補修を行います。

劣化の程度があまりにも激しくなってから、塗替えを施工する場合、外壁の中にある「壁本体」に劣化が及んでいるケースもあり、塗装の下処理では済まないので別途に費用がかさむこともあります。

外壁の内部にまでダメージが行く前に、やや早いと思う時期に塗り替えを検討しておくべきと言えるでしょう。